フォトフェイシャル

フォトフェイシャル

photofacial_1

フォトフェイシャルは先進国アメリカで開発された、美容医療界における最先端スキンケアで、光を照射することにより肌本来の美しさを取り戻し、外面だけでなく内面から美しくする働きを持っています。フォトフェイシャルは女性の敵とも呼べる、シミ・そばかす・くすみ・しわ・たるみ・にきび・にきび跡・赤ら顔などなど女性の悩みとなる肌トラブルに効果が期待され、注目を集めています。
フォトフェイシャルは、顔全体にIPL(Intense Pulsed Light)という有効な光をあて肌の機能を回復し、若々しく美しい素肌に改善します。具体的には、肌に沈着してしまったメラニンにダメージを与え、コラーゲンの再生を活性化させる働きがあります。
エステなどでも光治療を行っているところはありますが、フォトフェイシャルは特定の治療機を導入した医療機関でしか受けることができません。当院では、フォトフェイシャル協会に加盟し、認定された治療機で治療を行います。
フォトフェイシャルは、施術時間も短いため肌に対するダメージやストレスも大変少なく、施術後すぐに洗顔・メイクをしてお帰りになることができるのもフォトフェイシャルの大きな特徴と言えるでしょう。いつまでも若く美しい女性でありたいと願うのは、いくつになっても変わりません。そんな女性の願望を叶えるのがフォトフェイシャルの「メディカル・アンチエイジングケア」ではないでしょうか・・・。

フォトフェイシャルとレーザー治療との違い

光で行う肌治療と言えば、従来のレーザー治療を思い浮かべますが、フォトフェイシャルはレーザー治療とはまったく異なる光、IPL(Intense Pulsed Light)という光を使います。レーザー治療とは違いほとんど痛みも感じないマイルドな治療法です。また、このIPLは肌トラブルを起こすメラニンなどのターゲットのみに反応し、素肌を傷つけないで、ターゲットのみにダメージを与えます。そのためお肌へは、ほとんど負担がなく、レーザー治療でよく見られた、施術後のかさぶたや炎症後色素沈着などがほとんどありません。また、レーザーでは肌トラブルによってレーザーの機器を変えないと行けませんでしたが、フォトフェイシャルはまったく違う症状にも一つの光で肌トラブル全般に効果が期待できるのもフォトフェイシャルの大きな特徴の一つです。

photofacial_2

aestheticdarmatology_2aestheticdarmatology_3aestheticdarmatology_4aestheticdarmatology_5aestheticdarmatology_6aestheticdarmatology_6