クライオプロ導入のお知らせ

2010年10月27日

すっかり寒cryo1くなりましたが、今回はイボの治療機器導入のお知らせです。
クライオプロはノズルから液体窒素を噴射してイボを冷凍する機器です。基本的な治療内容には変わりありませんが、今までの綿棒を用いた方法と比較すると、大きな病変でもきちんと全体に均一に冷凍凝固を行うことができるうえに、治療時間自体も短縮することができます。また、治療時の疼痛も多少減ったという印象をもたれることが多いようです。
イボ(尋常性疣贅)の治療は、冷凍凝固をしっかりやることに尽きますので、この機器の導入で、わずかでも治療成績を向上することができるのではないかと思います。