稗粒腫(はいりゅうしゅ)

2012年04月16日

顔面に白いぷつぷつがあって取りたい、時々そういう患者様がいらっしゃいます。
いろいろ考えられるのですが、一番多いのが稗粒腫(はいりゅうしゅ)というできものです。
これは径1,2ミリの小さい袋で中に角質が入っているものです。特に悪性のものではなく、見た目以外には特に問題ないので、「様子を見てください」と言われた方も結構いると思います。
今回の診療報酬改定で、この稗粒腫の処置が正式に認められるようになりました。
実際は細い針でできものに穴をあけて、ピンセットで押して出すので、少し痛みもありますが、結果に喜ばれることも多い処置です。
もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度ご相談くださいませ。