春の肌荒れについて

2011年04月11日

せわしない日々を送っているうちに、すっかりお肌日誌の更新が滞ってしまいました。今日は春の肌荒れについて書きます。
テル皮膚科の前の千川通りの桜も満開となり、すっかり春らしい気候になってきましたが、今、目の周りや顔面全体のガサガサやかゆみで受診される患者さんが急増しています。
春といえば、花粉症の時期で、今年は特に花粉の飛散量が多いですから、花粉症自体の症状で、目をこすったり鼻をかんだりして肌が荒れてしまう方が多いとは思います。またマスクをすることで、皮脂が取れたり摩擦で皮膚が炎症を起こすことも考えられます。
ただ、花粉症の症状がない方でも結構多くの方がおいでいただいています。 春の強い風や空気の乾燥、生活環境の変化なども原因となるのではないでしょうか。
普段のスキンケアで症状が改善しない時、かゆみが強いときなどは、一度皮膚科を受診されることをお勧めいたします。